PROFILE
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

ホイットニーのこと
ホイットニー / TAKAHIRO AKIBA

 



 私が最も深く敬愛する音楽家の一人、ホイットニー・ヒューストン。晩年の彼女はまさに「泥沼に沈む女神」であった。「声を失った哀れな歌姫」、「おちぶれた過去のスーパースター」という悪意に満ちたレッテルを貼られ、耐え難き侮辱の数々を被った彼女であったが、あの悲劇的な死によって彼女が世を去るや否や、今度は「神に選ばれし伝説の歌姫」、「我らが永遠のスーパースター」などと、まさに好き放題を書きたてる人々。そもそも、彼女をスーパースターの座に押し上げ、時に大袈裟な美辞麗句を彼女の前に飾り立て、時に卑劣極まりない罵詈雑言を彼女に投げつけては面白おかしく嘲笑していたのは一体誰なのか、そして、彼女を殺したのは一体誰なのか!彼女の死後、発作的にそのようなことを考えては激しい怒りが込み上げてくることが時々ある。残念ながら、私は現世において個人的に彼女に接する機会には恵まれなかったが、最も真実に近い「音楽」を通して私が知る本来の彼女の姿は、限りなく温かく、素朴で純真、天真爛漫な心を持ち、ひたすら愛に生きた一人の愛すべき女性、そして、侵しがたき唯一無二の天才を持って生まれた真の音楽家の姿そのものである。私は幸運にも、彼女の最後の日本公演(2010年2月)に立ち会うことができたが、その超越的に巨大な音楽マグマを燃やしながら、天からの光を無限大に放射する彼女の姿にただただ圧倒され、その声から発せられる響きのエネルギーが私の体内へと流れ込み、自然に涙となって私の心の奥深くから溢れ出ていったことを、今でもはっきりと覚えている。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
R.I.P. my dearest Whitney...
ホイットニー / TAKAHIRO AKIBA





それはあまりにも突然のこと
私たちは、彼女がもう戻ってこないという現実を知った
私たちは突如として、孤独の海に彷徨ってしまった
彼女に戻ってきてほしいと哀願しながら
願いはただそれだけ
想い出を抱きながら
彼女が知る以上に、私たちの心は深く傷ついている

私はあなたを絶対に忘れない
これからもずっとあなたを崇拝しながら
あなたの魂、あなたが私に教えてくれたことは
私がいつかこの世を去るその時まで
私の響きの中で
永遠に生き続ける


All at once
We finally took a moment and we're realizing that
You're not coming back
And it finally hit us all at once
All at once,
we started counting teardrops and at least a million fell
... Our eyes began to swell,
And all our dreams were shattered all at once

Ever since we met you
You're the only love we've known
And we can't forget you
Though we must face it all alone
All at once, we're drifting on a lonely sea
Wishing you'd come back to us
And that's all that matters now
All at once, we're drifting on a lonely sea
Holding on to memories
And it hurts us more than you know
So much more than it shows
All at once


| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
| 1/1 |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--