PROFILE
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

赤道の星空
エッセイ / TAKAHIRO AKIBA
シサスク氏の初来日まで、残すところあと3日となりました。

シサスクがライフワークとして1980年から書き続けていらっしゃる連作ピアノ曲集《銀河巡礼》(正確には《星空》もしくは《星空のサイクル》と訳されるべきなのだが、日本では《銀河巡礼》で定着している)。第1集「北半球の星空」(1980-87)、第2集「南半球の星空」(1994-95)、第3集「古代エストニアの星空」(2003-04)ときて、いよいよ第4集となる「赤道の星空」はエストニアン・ミュージック・プロジェクト(私と吉岡裕子さんのコンビ名)のために作曲してくださるという夢のような展開になっています。

シサスク自身の言葉によれば、さらなる将来に作曲される第5集「北極の星空」で全天88星座を巡る連作が完結するそうですが、今回の「赤道の星空」は、今年55歳となる彼が2004年頃からおよそ10年をかけてその構想を温め続けながら、わざわざ天体望遠鏡を携えて赤道地方(インドのゴアなど)にまで足を伸ばして観測データを集めてくるなどして作曲の準備を行っていたという待望中の待望の大作。つい先ほど、この曲集に含まれる星座一覧が明らかとなったのですが、いて座やうお座、やぎ座、さそり座などのお馴染みの星座から、ちょうこくしつ(彫刻室)座、ぼうえんきょう(望遠鏡)座、ほうおう(鳳凰)座、みなみのかんむり(南の冠)座、らしんばん(羅針盤)座などといった珍しい名称のものを含む全22星座が選ばれています。

更なる詳細については、シサスク氏が日本に到着してからたっぷりとお話を伺えると思いますが、「作曲は日本旅行から帰り次第、すぐに開始する」と仰っておられるので、とにかく23日の演奏会では彼の創作意欲に火をつけるような渾身の演奏を披露しなければと、吉岡さんともどもプレッシャーを感じています・・・


 
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
<< 謹賀新年 | main | 永遠なる闘士ヴァルド・ルメッセン >>









url: http://igavik.takahiroakiba.com/trackback/84

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--